American ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican Express

ビジネスパーソン向けコラム

 

 

 

~渋沢栄一の言葉に学ぶ~
明るい未来のための投資とは
(後編)

 

渋澤 健(しぶさわ・けん)

1961年、神奈川県生まれ。シブサワ・アンド・カンパニー(株)代表取締役、コモンズ投信(株)取締役会長・創業者。UCLAでMBA取得後、米ヘッジファンドの日本代表などを経て2001年に独立し、シブサワ・アンド・カンパニー(株)を創業。著書に『渋沢栄一100の訓言』、『SDGs投資 資産運用しながら社会貢献』など。

 

 

 

 

~渋沢栄一の言葉に学ぶ~
明るい未来のための投資とは(後編)

 

 

 

 

 

 

渋澤 健(しぶさわ・けん) 

1961年、神奈川県生まれ。シブサワ・アンド・カンパニー(株)代表取締役、コモンズ投信(株)取締役会長・創業者。UCLAでMBA取得後、米ヘッジファンドの日本代表などを経て2001年に独立し、シブサワ・アンド・カンパニー(株)を創業。著書に『渋沢栄一100の訓言』、『SDGs投資 資産運用しながら社会貢献』など。

 

将来の予測が困難な今、「人生100年時代」を生きる私たち。どのように明るい未来のために備えるべきなのでしょうか。

「日本の資本主義の父」といわれ、新しい一万円札の顔となる実業家・渋沢栄一氏の玄孫で、ご自身も金融のスペシャリストである
渋澤健氏に、お金のことや未来へのリスクヘッジについて話をうかがいました。

将来の予測が困難な今、「人生100年時代」を生きる私たち。どのように明るい未来のために備えるべきなのでしょうか。

「日本の資本主義の父」といわれ、新しい一万円札の顔となる実業家・渋沢栄一氏の玄孫で、ご自身も金融のスペシャリストである渋澤健氏に、お金のことや未来へのリスクヘッジについて話をうかがいました。

よりよい明日のための引換券をポケットに

―投資に興味はあるものの、あまりよく理解していない方も多いと思います。

 

市場価格の値動きで利益を得る手段を投資と思っている方は多いかもしれません。間違いではありませんが、それは投機です。価格を重要視する投機と違い、投資には個人的・社会的な価値判断が加わります。価格は市場の売りと買いで一つの答えが出ますが、価値には正解がありません。さまざまな物差しをもった価値が参加する、ダイバーシティな資本市場が健全であると、私は考えています。

 

特に日本では長期的視野にたつ投資の情報がなかなか入ってこなかったことも、ネガティブなイメージがついている原因かもしれません。あと、漢字表記も良くないですね(笑)。「資(金)を投げる」なんて、誰もそんなことはしたくないでしょう。英語表記だと“Invest”といい、ベスト(vest)に入れる(in)という意味になります。遠くにある「よりよい明日」のための引換券を、自分のベストのポケットに呼び寄せる。応援したい気持ちに根ざした社会参加の手段に、投資があることを少しはイメージできるのではないでしょうか。

 

 

「ありがとう」の連鎖が社会を作る

―はい、投資のイメージが少し変わりました。ファイナンスの知識って大切ですね。

日本はファイナンシャルリテラシーが低いと言われますが、お金の話だけが切り離されて語られることに問題があると思っています。子ども向けセミナーで「お金はどこから来るのか?」という問いを出すと、大人も同じように興味を持ち、学びを得ようとしてくれます。問いの答えは『お金は誰かが商品やサービスを提供して、その価値が変換されてやってくるもの』。つまり、誰かの働きに対しての「ありがとう」から来るのです。本来なら“働き”と“お金”は対になった大切な両輪なのですが、なぜか日本はどちらかに偏って語られがちです。「ありがとう」が集まることで働きの喜びも高まり、その企業価値も高まっていく。「ありがとう」の連鎖が社会を作っていることに気がつけば、投資も自然と理解いただけるのではないでしょうか。

私はお金を水に例えることが多いのですが、理想的な水(お金)の状態は、澱まずに小川のようサラサラと流れ続けること。また、水に色がないのと同様にお金にも色がないと思っています。良い使い方をすれば良い色に、汚い使い方をすれば汚い色に。先ほどの「よく集め、よく散ぜよ」のお金の循環とも符合する話です。

人生100年時代の資産形成サプリメント

―お金に余裕ができたら投資してみたいとは思いますが、なかなか給料も上がらないし…。

 

そういう話はよく聞くのですが、投資は資金が出来たときに始めるものではありません。ライフプランを考えるうえで大切なのは資産形成です。私も宝くじはお愉しみとして買いますが、当たったら資産形成OK!というものではありませんよね。人生は今や100年時代。現役の時からコツコツと積みあげて資産を作らなくてはいけません。

 

日本の経済成長を支えてくれた、「国民年金制度」と「国民皆保険制度」は私と同い年の還暦になります。制定当時の平均寿命は65歳でしたから、この60年で35歳も寿命が伸び、人口ピラミッドは2020年から「ひょうたん型」から「逆ピラミッド型」に急変することが予測されています。これらの公的制度が破綻することはおそらくありませんが、遠くにある「よりよい明日」のための引換券を自分のベストに呼び寄せるのは、早くから始めておく方がいいです。毎月決まった額だけ10年30年…コツコツと続ける「年金サプリ」みたいなものです。まずは試してみて、「自分に合わないな~」と思えば止めればいい。持続可能な社会のためにWe軸のお金の循環を通し、明るい未来のためにリスクヘッジしていきたいですね。
(終)