クレジットカードの基礎知識

From AMERICAN EXPRESS

話題のタッチ決済とは?使い方やメリットを解説!

クレジットカードの基礎知識

From AMERICAN EXPRESS

話題のタッチ決済とは?使い方やメリットを解説!

最近、タッチ決済という言葉をよく耳にするけど、私のクレジットカードでも使えるの?
電波のようなマークがタッチ決済に対応している目印。カードの券面やお店のレジまわりをチェックしてみよう。
最近、タッチ決済という言葉をよく耳にするけど、私のクレジットカードでも使えるの?
電波のようなマークがタッチ決済に対応している目印。カードの券面やお店のレジまわりをチェックしてみよう。

話題のタッチ決済を使ってみたいけれども使い方がわからない、お店で「タッチ決済で」と伝えたのに暗証番号を入力するように言われてしまったという方も多いのでは。そんなタッチ決済の仕組みやメリット、店頭での使い方をご紹介します。

タッチ決済とは

タッチ決済とは

タッチ決済とは

タッチ決済はスマホでも、カードでも

コンビニやファストフードのお店などでは、端末にスマートフォンをかざすことで支払いができるタッチ決済(非接触型決済/コンタクトレス決済)を目にする機会が増えてきました。このタッチ決済、最近ではプラスチックやメタル素材のクレジットカードでも使えるようになってきているのです。

サインや暗証番号の入力が不要で、店員さんへのカードの受け渡しが発生しないクレジットカードのタッチ決済は、簡単スピーディー、クリーンで安心な支払い方法として、注目を集めています。

タッチ決済は、NFC(Near Field Communication)と呼ばれる非接触のデータ通信技術をベースに作られており、この技術はIC乗車券やカードキーなどにも使われています。

NFCは「NFC Type-A」「NFC Type-B」そして「FeliCa(NFC Type-F)」の大きく3つに分類でき、国際ブランドのクレジットカードのタッチ決済では、「NFC Type-A」と「NFC Type-B」の両方に対応する「NFC Type A/B」が標準仕様として使用されています。海外のタッチ決済加盟店でも利用できることが特長です。一方Suicaなどで使われているのが「FeliCa(NFC Type-F)」です。

電波のようなマークが利用の目印

電波のようなマークが利用の目印

ご利用はこのマークのお店

最近発行されたクレジットカードをお持ちの方は、カードの券面を確認してみましょう。電波のようなマークが付いていたら、そのカードはタッチ決済に対応しています。そしてこのマークは「リップルマーク」と呼ばれています。

次に使えるお店を確認します。お店のレジ横などに使用可能なクレジットカードのロゴが掲示されていますが、その掲示物にリップルマークが表示されていればタッチ決済を使えます。決済用の端末にリップルマークが印字されていても、掲示物に表示がない場合はタッチ決済を使えない場合があるので注意しましょう。

タッチ決済を使えるお店は、コンビニやスーパー、ドラッグストアやファストフード、空港の売店やタクシーなど、日本全国にひろがっています。使えるお店はカード会社のウェブサイトに紹介されているので、事前に確認しておくと安心です。

参考:「アメリカン・エキスプレスのタッチ決済が使えるお店

支払い時には「クレジットカードのタッチ決済で」

支払い時には「クレジットカードのタッチ決済で」

リップルマークが目印

お手持ちのカードに「リップルマーク」があれば、すぐにタッチ決済を利用できます。しかし、お店ではどのように伝えて、どこにカードをかざせばよいのでしょうか。

店員さんに支払い方法を伝えて決済する場合

店頭で支払い方法を聞かれた際に、「クレジットカードで」と伝えるだけでは、タッチ決済に対応しているお店でも暗証番号の入力に誘導される場合があります。お店のレジにはさまざまな端末があり、店員さんはお客様の希望する支払い方法に応じて有効にする端末をレジ側で操作しています。タッチ決済なら「クレジットカードのタッチ決済で」と伝えることで、タッチ決済用の端末を有効にしてもらうことができます。

セルフレジで決済する場合

最近のコンビニやスーパーマーケットなどでは、支払い方法の選択から支払いまでを自分で完了するセルフレジが増えています。クレジットカードのタッチ決済で支払う場合は、「クレジットカード」を選びましょう。

カードをかざしてみよう
このマークが目印

さあ、カードをかざしてみよう

店員さんに伝えた、または自分でレジの「クレジットカード」を選んだら、端末にカードをかざします。ひと呼吸おいて端末が光ったり、音がなったりすれば支払いは完了です。

支払いは「一括払い」のみです。手軽なタッチ決済ですが、国内では、10,000円を超えるご利用の場合、暗証番号の入力やサインが必要になる場合があります。海外では国によってその金額が異なりますので注意しましょう。

*加盟店によって設定する金額が変わる場合があります。

タッチ決済の5大メリット

タッチ決済の5大メリット

1.利用開始は手間なし簡単

お手持ちのクレジットカードにタッチ決済対応であることを示す「リップルマーク」がついていれば、すぐに使えます。スマートフォンで専用アプリをインストールするなど、事前の準備や登録は不要です。店頭ではさっとカードを取り出して端末にかざすだけ。使い方はいたってシンプルです。

2.スピーディーだから、待たない、待たせない

タクシーを降りるときにカードの支払いに時間がかかってやきもきした、お店での支払いに手間取り自分の後方に列ができてしまって気まずい思いをした、そんな経験はありませんか? タッチ決済ならサインや暗証番号の入力が不要なので、スピーディーに支払いが完了。時間にも気持ちにも余裕が生まれます。

3.非接触だからクリーン

コロナの蔓延で、「触れる」ことへの意識が変わってきました。タッチ決済ならカードを端末にかざすだけなので安心です。不特定多数のお客様とのやりとりをする店員さんにとっても、タッチ決済は接触の不安を軽減する支払い方法です。

4.押さない、渡さないから安心

クレジットカードの不正利用に対する不安から、カードのセキュリティへの関心が高まっています。タッチ決済は暗証番号を押さないので、指の動きをみられる心配がありません。また、カードを店員さんに預けず自分で端末にかざすので、セキュリティ面での不安が軽減されます。

国内でも交通機関でのタッチ決済の導入が少しずつはじまっています。
このマークが目印

国内の交通機関でもタッチ決済の導入が少しずつはじまっています。お店でも、移動でも、旅でも便利なタッチ決済をぜひ活用してみてください。

【おすすめのクレジットカード】

はじめてのアメックスカードに

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード

日常を楽しみたい方に

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

上質なサービスを求めてる方に

プラチナ・カード

プラチナ・カード

クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの基礎知識

カードのご利用やお手続きでお困りの時は

カードのご利用やお手続きで
お困りの時は