American ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican Express

【期間限定コラム】今さら聞けない話を税理士に聞いてみた

【税理士監修】 経費をリボ払いにしたときの会計処理はどうなる?

 

 

■ リボ払いで購入した場合の会計処理について

■ 決算時の未払利息の計上方法

■ 未払金、利息の計上もれは要注意

前回は事業用カードを利用する際に「リボ払い」を有効活用することで、資金繰りが安定して事業計画が立てやすくなるというメリットについてご紹介しました。

 

今回は、リボ払いを利用した場合の一般的な会計処理の方法について解説します。一括払いで購入する場合とでは、会計処理や仕訳の方法が異なります。

会計処理~3つのステップ

商品の仕入れや経費の支払いなどで、リボ払い・分割払いを使った場合、金利手数料が発生し、未払金が残ることになります。なお、代金の支払い期間中は「未払金」と「支払利息」の科目で仕訳を行います。

 

具体的な例を参考に、会計処理の方法を3つのステップで解説していきましょう。

 

1.購入した時の会計処理方法

 

10万円の消耗品を月1万円返済のリボ払いで購入し、金利手数料1,000円、消費税率10%という例でみていきましょう。

 

クレジットカードで決済する場合には、購入日と、実際に口座から代金が引き落とされる日が異なります。そのため、購入代金はいったん未払金として処理します。購入時には、借方に「消耗品費」と「仮払消費税」、貸方に購入代金を「未払金」として計上します。

購入した時の会計処理方法

2.初回支払い時の会計処理方法

 

初回支払い時には、借方にその月のリボ払い分を「未払金」、金利手数料を「支払利息」として計上します。

初回支払い時の会計処理方法

【ここがポイント!】このように、支払いを行うごとに未払金を処理することで、帳簿上の未払金が相殺されていきます。

3.繰り上げ返済時の会計処理方法

 

リボ払いは、支払いの途中でも「繰り上げ返済」をすることができます。会計上は、繰り上げ返済分を「未払金」として計上します。例えば5万円を繰り上げ返済した場合は、次のように仕訳します。

繰り上げ返済時の会計処理方法

なお、繰り上げ返済時に振込手数料がかかる場合は、「支払手数料」として借方に計上しましょう。

 

繰り上げ返済をすると、金利手数料の負担を軽くすることができます。資金繰りに余裕があるときは、積極的に繰り上げ返済をするといいでしょう。

決算時の未払利息の計上方法

リボ払いの支払いが決算期をまたいでいる場合、貸借対照表日までに支払っていない金利手数料は「未払利息」として当期の費用に計上する必要があります。

 

例えば3月末が決算の会社の場合、3月分のリボ払いにかかる金利手数料は当月ではなく、翌月や翌々月に引き落とされるのが一般的です。ところが、リボ払いは継続した契約とみなされるため、3月の時点で金利手数料が発生していると考えられます。

 

■ 決算整理仕訳で見越し計上する

 

まだ発生していない支払利息を計上するためには「決算整理仕訳」を行います。3月末決算の会社で、3月分のリボ払いにかかる金利手数料が4月支払いの場合には、貸方に当期の「未払利息」として処理します。

 

【決算整理仕訳】

決算整理仕訳

決算整理仕訳をした上で、翌期首に次のように「再振替仕訳(逆仕訳)」を行います。

 

【再振替仕訳】

【ここがポイント!】このように、決算期をまたいでリボ払いをしている場合は、金利手数料の決算整理仕訳と再振替仕訳の会計処理が必要です。

なお、クレジットカード払いにかかる金利手数料は、消費税が非課税になりますので注意しましょう。

 

※金利手数料の算出方法については、会計士や税務の専門家のアドバイスを受けてください。

未払金、利息の計上もれは要注意

リボ払いを利用すると、一括払いと比べて仕訳や会計上の処理方法に違いがありますが、そこまで難しいものではありません。ただし、未払金や利息などの経費はもれなく計上しないと、本来の税額よりも多く支払ってしまう可能性もあります。リボ払いを利用した際には、税理士にも相談しながら正確に仕訳、申告、納税するよう心がけましょう。

 

※上記内容は、アメリカン・エキスプレスが提供する「ペイフレックス あとリボ® for Business」のサービス内容とは異なる点も含んでいます。

佐原 三枝子氏

■監修
佐原 三枝子(さはら・みえこ)
税理士・M&Aシニアスペシャリスト
兵庫県宝塚市で開業中。工学部やメーカー研究所勤務から会計の世界へ転向した異色の経歴を持つ。
「中小企業の成長を一貫してサポートする」ことを事務所理念とし、税務にとどまらず、経営改善支援、事業承継や海外事業展開の支援を手掛けている。
事務所名:佐原税理士事務所
事務所URL:http://www.office-sahara1.jp/(外部ウェブサイトへ移動します)

佐原税理士事務所ロゴ

■作成協力
税理士ドットコム
https://www.zeiri4.com/ (外部ウェブサイトへ移動します)
※税理士紹介をご希望の方はこちら(外部ウェブサイトへ移動します)

 税理士ドットコム

過去の記事『【税理士監修】資金繰りにおけるリボ払いの賢い使い』はこちら