American ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican Express

プロフェッショナルの新・視線/第2回

コーチングの手法で若手起業家を「破壊的成長」へと導く(前編)

為末 大(ためすえ・だい)

 

 

元陸上選手、株式会社Deportare Partners代表。1978年、広島県出身。陸上男子400mハードル日本記録保持者(2020年2月現在)。2001年世界陸上の400mハードルで銅メダルを獲得。これはスプリント種目の世界大会で日本人初のメダルとなった。2004年日本の陸上短距離選手として初めてプロ選手となり、2005年世界陸上でも2大会連続となる銅メダルを獲得する。五輪にも3度出場。2012年現役を引退し、スポーツとテクノロジーに関わるビジネスを事業とする株式会社Deportare Partners(デポルターレ・パートナーズ)の代表取締役を務める。

■ なぜ、侍ハードラーは経営者になったのか

 

■ タニマチ文化の“支える側”に立ってみたい

 

■ コーチングでインキュベーションを加速

プロ陸上選手として活躍し、陸上男子400mハードルの日本記録を保持。世界陸上選手権で2大会連続で銅メダルを獲得した、「侍ハードラー」こと為末大氏。現役を退いてからはビジネスの世界に身を投じ、現在、東京・渋谷に若手起業家を支援するインキュベーション施設を構えて事業を展開しています。一流アスリートから、どのようにして今のビジネスを始めるに至ったのか、お話を伺います。

 

なぜ、侍ハードラーは経営者になったのか

――まずは現在、手がけているビジネスについて教えてください。

 

2018年7月に株式会社デポルターレ・パートナーズを設立し、スポーツに関連したビジネス創出を目指すアスリートや研究者、起業家たちをサポートする、シェアオフィス「Deportare Complex(デポルターレ・コンプレックス)」(東京都渋谷区)を運営しています。スタートアップ、もしくはスタートアップ以前の“スーパーアーリー”ステージにいる若者たちが入居し、おおむね1年半から2年程度でのイグジットを念頭に置いた、いわゆるインキュベーション施設です。入居するベンチャー企業のほとんどに、少額ですが出資もしています。

現時点(2020年1月)でまだイグジットは出ていないので、このビジネスモデルが成立するかどうかは検証中です。それでもスマートシューズを開発する企業が大手スポーツ用品メーカーとの資本提携を決めるなど、好調に推移している事例もいくつかあります。近々イグジットが出ることを期待しています。

デポルターレ・パートナーズではその他、義足開発ラボラトリーを併設したランニング施設「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」(東京都江東区)も運営しており、現状では施設運営が中心になっています。もともと、私自身の活動をマネジメントするために設立した会社でいくつもの事業を手がけていました。ただ、私のマネジメントによる利益がほとんどで、他の事業は赤字という状態が続いたため、本腰を入れる目的でデポルターレ・パートナーズの設立に至りました。

デポルターレ・コンプレックス

 

 

 

 

東京・渋谷にある「デポルターレ・コンプレックス」。スポーツベンチャーやデータ分析の企業などが集まるシェアオフィスで現在、数社が入居している。

タニマチ文化の“支える側”に立ってみたい

――ベンチャー支援を手がけようと考えたきっかけは何ですか。

引退後のアスリートには、従来、経営の経験を積む場がありませんでした。私のようにタレントや肖像ビジネスに進む人もいますが、地に足をつけ、何かしら自分自身でビジネスを起こすという選択肢も必要なのではないかと考え、その動きをサポートしようというのが一つの大きな動機です。

もう一つは、選手の肖像ビジネスへの疑問です。現在は、例えば選手本人が本当にその商品を使っているか否かにかかわらず、イメージだけでCMに起用されるケースが主流になっています。いわば、実態はともかく肖像だけを貸すビジネスモデルです。私は2009年から数年間アメリカにいたのですが、選手本人の本音と乖離した肖像ビジネスはアメリカのSNSでバッシングを受けるようになっていました。いずれこのようなモデルは成り立たなくなるのではと考え、きちんとしたパートナーシップ型のビジネスモデルを追求しようと、事業を始めました。しかし、いろいろと試してはみたものの、うまくいきませんでした。

そんなある日、スタートアップの若者が私のマンションに転がり込んできて、事業内容を熱く語り、「資金援助をしてほしい」と言うのです。それで投資をしたところ、彼らが成長していくのを見るのが楽しくなってきたんですね。同時に、このようにリスクを取って成長しようとする人をサポートすることに対して、自分は強いパッションを持てるんだと悟り、事業拡大のためにこのシェアオフィスを開設しました。

――そもそも、経営者に転身しようと考えたのはなぜですか。

スポーツの世界は「タニマチ文化」なんですね。実際にプレーする選手たちだけでなく、選手の成長を支える人たちがたくさんいます。自分はせっかくスポーツの世界で生きてきたので、支える側の世界も見てみたいと思いました。それに加えて、単純に「自分は陸上だけでなく他のこともできるんだ」ということを示したかった。それが、ビジネスの世界に進んだきっかけです。

コーチングでインキュベーションを加速

――世界大会でメダルを取ったトップアスリートであり、かつビジネスも幅広く手がける立場として、スポーツビジネスの現状をどう捉えていますか。

 

大きく分けると「見るスポーツ」と「するスポーツ」があると考えます。「見るスポーツ」は放映権やライセンス、あるいはプロチーム

の経営が主で、スポーツ産業全体で見ればこちらのマーケットが圧倒的に大きい。対して「するスポーツ」のビジネスでいうと、まず大手スポーツ用品メーカーがあり、それに加えて近年増えているヘルスケアやコンディショニング、プロテインなどの市場もこちらに含まれるでしょう。私たちのビジネスは、この「するスポーツ」にフォーカスしています。これが、まず現状のダイレクトなスポーツ産業に対する見立てです。

 

一方、ビジネスにスポーツをどう生かせるかという視点で見ると、おそらく最もわかりやすいのはコーチングでしょう。スポーツ界に以前からあったコーチングの概念が、現在はビジネスの世界、とりわけアメリカ系企業で一般化してきました。特にアメリカ型のコーチングは、技術の伝達よりも、質問形式で本人の中のモヤッとした思いを言語化したり、プラン作りを手助けしたりといった役割が重視されます。これこそまさにスポーツのコーチングが得意とするところですから、コーチングはビジネスの世界でさらに効果を発揮できるのではないかと思います。

為末 大氏

――今後、スポーツとビジネスの掛け合わせからどのような可能性が生まれると期待していますか。


例えば、「標高8000m級の過酷な環境で耐えられるジャケットなら日常着としてもクオリティが高いはずだ」といったコンセプトで、実際にギアを展開しているメーカーがありますね。私としても、スポーツという限界まで体を使う究極の世界で耐えられたシステム、メソッド、ギアであれば、それ以外の一般的な用途にも応用可能なのではないかというイメージを持ち、トライしているところです。

 

また、コーチングにも可能性を感じています。このインキュベーション施設で私が起業家に提供しているものも、結局はコーチングなんですね。具体的な起業の経験でいうと彼らの方が上ですし、それについてはむしろ教えてもらうことが多いのですが――。自分の中のモヤッとしたものを言語化することに関しては、選手が迷っているときの状況とよく似ています。そこで、私の選手時代の経験を存分に活かすことができる。「そもそも何がしたいのか」「自分の強みをひと言で言うと何か」といった質問をすることで、彼らの考えをクリアにする、つまりコーチングの力が私の強みであり、今後も当社の事業の柱になっていくと思います。

 

後編に続く