American ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican Express

プロフェッショナルの新・視線/第4回

「面白いこと」に挑み続ける(後編)

又吉 直樹(またよし・なおき)

 

 

吉本興業所属の芸人、小説家。1980年、大阪府出身。小学校時代にサッカーを始め、高校は大阪の強豪校・北陽(当時)のサッカー部で活躍。大阪府代表としてインターハイに出場する。1999年、タレント養成所の吉本総合芸能学院に入学し、2003年、綾部祐二とお笑いコンビ「ピース」を結成。2015年、初めて書いた中編小説『火花』で第153回芥川賞を受賞。2017年、2作目の小説『劇場』を発表。この2作は映画化もされた。2018年から2019年にかけて毎日新聞に長編小説『人間』を連載。数多くのテレビ番組やCMでも活躍する。

■ 心で感じた価値は動かしようがない。だから他人の評価は気にしない

 

■ 経営もお笑いもリスクを取ってチャレンジするのは同じ

 

■ もし小説で経営者を描くなら…

 

■ 面白くないなら、面白いことを

又吉氏の小説内でもしばしば語られる他人からの「評価」。誰もが日常的に行い、受けているもので、その影響は決して小さくはないはずです。作家として芸人として多くの方からの評価を受ける側となる又吉氏が、どう評価や価値観の多様性と向き合い、自分を見失うことなく「面白いこと」に挑み続けられているのかを伺いました。

 

心で感じた価値は動かしようがない。だから他人の評価は気にしない

――作品を世に出すと常に評価の対象となりますが、評価されることについてはどのように考えていますか。

 

価値基準は人それぞれですから、絶対的な評価も存在しないと思っています。僕が好きなものは、映画も音楽も演劇もそうですが、世間で爆発的に売れているものもあれば、まったく売れていないものもある。僕の感覚では、売れている・売れていないはどうでもいいというか、外部の評価がどうであれ、僕自身が作品に対して感じる価値は動かしようがないじゃないですか。なので、自分が作品を作る側に立ったときも、人の評価で動揺する必要はないというのが基本的な考えですね。

価値基準は人それぞれですから、絶対的な評価も存在しないと思っています。僕が好きなものは、映画も音楽も演劇もそうですが、世間で爆発的に売れているものもあれば、まったく売れていないものもある。僕の感覚では、売れている・売れていないはどうでもいいというか、外部の評価がどうであれ、僕自身が作品に対して感じる価値は動かしようがないじゃないですか。なので、自分が作品を作る側に立ったときも、人の評価で動揺する必要はないというのが基本的な考えですね。

 

同じように、「あいつは評価に捉われていないからいいんだ」と周囲から見られると、芸が面白いかどうかとはまったく関係ない要素で評価されてしまう可能性もあります。僕はそれが嫌で、「売れたい」「頑張っています」と努力している部分をちゃんと表明しないのはずるいと考えるようになったんです。でも、もともと評価というもの自体を疑っていましたから、努力を表明することも、人の評価も関係ないんだという考え方に今は戻りましたね。

為末 大氏

経営もお笑いもリスクを取ってチャレンジするのは同じ

――常に評価される対象であるという点では共通の立場である経営者の方々、とくに中小企業の経営者にどのようなイメージをお持ちですか。

 

僕の場合でいうと、相方の綾部祐二と二人でやっている「ピース」というお笑いコンビは、会社ではありませんが組織という点で似ているところはあると思います。お互いが自分たちの芸に責任を持たなければいけないという側面もあります。だから、経営者の方に共感できる部分は大いにあります。

 

僕らが舞台上で一度ウケたネタを、「安全だから」とずっと続けていたら、マンネリ化して個性のないコンビになってしまいます。だから常にリスクをとってチャレンジしなければならない。要するにサボれないんですね。大きなチャレンジをすると、もちろんスベる可能性も高いのですが、リスクをとった結果、舞台でウケたら、それが自分たちの代表作になっていくかもしれない。そういった、自分たちだけのものを作り上げていくところも経営と一緒やなと思います。サボらず、いいものを目指して常に考え、チャレンジしている人。僕にとって経営者はそういうイメージですね。

 

――サボらず、いいものを目指して常に考え、チャレンジするのは、大変な作業ではないでしょうか。

 

僕は考えることが好きですし、お笑いも小説も好きなので、しんどいとは思わないですね。体力的にしんどいときはありますけど、精神的にしんどいとは思いません。サボっても会社や組織を回せるシステムを作れる人は、本当に優秀な人でしょうね。僕にはそういう能力がないから、サボらずに自分で作り、発表して、それが良ければ仕事が増える、アカンかったら減るという、それを繰り返していくしかないと思っています。

もし小説で経営者を描くなら…

――次の作品に中小企業経営者を登場させるとしたら、どのようなキャラクターになるでしょうか。

 

今、思いついたのは、本人の内面については特に描かず、でも傍から見ると人の良さそうな人物ですね。雰囲気があるから「なんかすごいこと考えてそうだ」と周りから思われる。でも物語の中でそれが明かされることはない。とにかく聞き上手で、いい情報が自然と集まってきて、三国志の劉備玄徳のように印象だけで世の中をうまく渡り歩き、時折ズバッと鋭い一面を見せる。天才なのか凡人なのか分からない。そういう経営者を描いてみたいですね。

 

ただ、実際に僕が経営者の小説を書くとなると、どういう展開にするかが難しいですね。人柄が良すぎて他人を信用してしまい、騙されるとか、大きな間違いとはいえない選択ミスを重ねていくとか、そういった失敗の結果、破滅していく話になるかもしれません。

 

人の自慢話を聞くのが苦痛で、反対に失敗する話なら聞いていられるということはあるんですけど、失敗するときの方がおもしろいことがおこってたりするじゃないですか。でも、めっちゃいい人で、困った友達を助けようとして、結果的に破滅してしまう。そういう、優しさと弱さを併せ持つ人に惹かれてしまいますね。おばあちゃんが詐欺に遭って、貯金を全部若いやつに騙し取られてしまいました、といった話を聞くと、なんでそこでお金出しちゃうのとみんな言いますけど、そういう人間に興味が沸くというか。でも、経営者の方が読んだら「そら、失敗するわ」と思われるような話で、ビジネスの参考にはならないかもしれないですね(笑)。

 

――仮に、実際に経営者を描くことになったとして、中小企業経営者に聞いてみたいことはありますでしょうか。

 

人を雇うことと、人間関係についてですね。僕ら二人のコンビでさえ、目指すところは一緒でも、考え方に違う部分があったり、目標に至るまでのアプローチが違ったりするので、人を雇うことは難しいだろうと感じます。社員との関係性の作り方、モチベーションが低い社員にどう働きかけ、インセンティブをどう作っていくのか、そういうことを聞いてみたいです。同い年くらいの知り合いで会社を経営している人もいて、その人が時々、飲み会に社員を連れてくるのですが、見ているとみんな楽しそうなんです。いい人間関係ができている会社なんやろうなと思います。二人でも難しいのに、すごいなぁと尊敬します。

面白くないなら、面白いことを

――最後に中小企業経営者の皆さんに、メッセージをいただけますでしょうか。

 

そんなこと言える立場でもないんですが…。経営者の姿を見て一番共感するのは、「当事者である」という強い意識を持っていることです。「今の日本は面白くない」とか「この社会はダメだ」とか、ただ不平不満を言うのではなく、「面白くないなら面白いことを始めよう」と当事者意識で考え、動き出している人がきっと多いと思います。その当事者意識を尊敬していますし、見習いたいところでもあります。これからも面白い場を積極的につくるチャレンジを一緒に続けていきたいですね。

 

(終)

 

>前編はこちら

為末 大氏